Event is FINISHED

ツーリズムEXPOジャパン 持続可能な地域観光開発セミナー

Description

2017年は国連「開発のための持続可能な観光の国際年」(サステイナブルツーリズム年)です。

そのように国際的に持続可能性(サステイナビリティ)を重視する動きが高まりを見せています。地域の特色を活かした観光開発が盛んとなっている日本国内でも、持続可能な観光は今後より重要になると思われます。


本セミナーでは、地域の観光地が継続的に繁栄するための「サステイナブルな地域観光プロモーション」について、日本国内外の成功事例から集客の秘訣を学びます。


日本国内からは、岐阜県飛騨市を拠点に自転車ツーリズムによるインバウンドマーケティングを口コミによるプロモーションから成功しているSATOYAMA EXPERIENCEの事例や、環境省によるエコツーリズム推進法第一号に認定され、いち早くエコツーリズムのまちとしてプロモーションを成功している埼玉県飯能市の事例を。

アジアからは、少数民族地域においての地域資源を活用した観光開発を手掛けるベトナムの事例や、ブータンの国内他地域にはない地域の文化や伝統を発見し、地域に根ざした観光開発を行う取り組みについてご紹介します。


さらにパネルディスカッションでは、着地型観光による観光客を呼ぶ上での地域振興のプロモーションの秘訣を、観光開発を行う観光地域の目線からと、ユーザー目線として、口コミによる旅行情報を提供し、月間平均 3 億人ものユーザーを誇る世界最大級の旅行口コミサイト、トリップアドバイザーを招き、観光客目線からの意見も取り入れ、観光客集客のプロセスについて地域側、ユーザー側の双方の立場から議論します。


地域振興、まちおこし、エコツーリズム、観光開発に興味のある方はもちろん、宿泊施設やレストランの経営を行う方、国際協力、国際交流や、ブータン、ベトナムの観光事情にご興味のある方にも、ご出席いただける内容になっております。

ぜひお越しくださいませ。


1.日時

9月22日 9:30ー12:30


2.会場

東京ビッグサイト 国際会議棟7F会議室703

〒135-0063東京都江東区有明3丁目11-1

アクセス りんかい線 「国際展示場」駅下車  徒歩約7分

ゆりかもめ 「国際展示場正門」駅下車 徒歩約3分


3.当日のスケジュール

09:30-09:40 開会あいさつ

09:40-10:00 事例1 埼玉県飯能市における住民参加型のエコツーリズム

           (飯能市エコツーリズム推進協議会 平井純子氏)  

10:00-10:20 事例2 ベトナム国の少数民族地域における住民主体による地域活性化

           (公益財団法人 国際開発救援財団、JICA観光開発専門家高寺奎一郎氏)

10:20-10:40 事例3 岐阜県飛騨古川 SATOYAMA EXPERIENCEの取り組み

           (株式会社 美ら地球 山田 拓氏)

10:40-10:50 休憩

10:50-12:15 パネルディスカッション

       テーマ:「サステイナブルな地域観光プロモーション成功の秘訣」

       パネリスト:事例発表者3名

              ・ 牧野友衛 (トリップアドバイザー)

              ・ 松尾茜 (日本環境教育フォーラム)

       モデレーター:駒沢女子大学 准教授 鮫島卓氏

12:15-12:25 閉会挨拶



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#262585 2017-07-17 05:09:10
More updates
Fri Sep 22, 2017
9:30 AM - 12:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ビッグサイト 国際会議棟7F会議室703
Tickets
一般・学生 FULL
Venue Address
東京都江東区有明3丁目11-1 Japan
Organizer
日本環境教育フォーラムブータンサポートグループ
264 Followers